スポンサーリンク

おじさんLINEの特徴

スポンサーリンク

今回は男性側の立場でお話をすすめます。イベントに参加してからLINEのやり取りを行う際、どんな内容のメッセージを送っていますか?

せっかく知り合えた女性とはうまく関係を続けていきたいもの。最初のコンタクトをどのようにするかで、その後の進展にも関わってきますよね。

スポンサーリンク

LINEのお礼は短すぎず、長すぎずが基本

まずイベント終了後のお礼、次のアプローチとして無難かつ最適なLINEの文章としては、礼儀正しく、それでいて長すぎず、フランクにいくのがいいでしょう。

パーティー参加後は、誰がどの人だったかな?話して印象の良かった人って名前何だったかな?なんて迷うこともしばしばあるようです。

特に恋活イベント初心者の方は、なおさらその傾向があるようです。

そこで、男性の初期アプローチとしては、気になる女性に効率的に自分のことを思い出させるような文章を含めてLINEをするのがオススメです。これは、あとになって自分自身も相手を思い出すのに役立つというメリットも持ち合わせています。

あなたのことを再度相手にも確かめさせつつ、興味があれば返事も返ってきますから。

「今日はありがとうございました。」というお礼を忘れず添えて、「話してた・・・のことなんだけど・・・」「○○の話題、すごく面白かったです!」「話してた○○・・・今度見てみます!」などなど、少し会話した内容で、相手が乗ってくれそうなコメントを含めることが、相手も返しやすい訳ですね。

長ければ長いほどおじさんLIENと呼ばれる現実

最近の特徴としてLINEのやりとりは短い文章でキャッチボールのような形で進めることがトレンドになりつつあります。もちろんグループ会の共有や、連絡事項などの文章は長くても構いませんが、初対面で長々と文章をつくって送るおじさんLINEというのは、初対面の女性からすると若干敬遠されるのも事実。

30代、40代~中年の男性はLINEをメールのように永遠長々と書き綴る特徴があります。それが若者や女性が一般的に受け入れがたい、という最近の風潮が生まれているのですね・・

おじさんほど丁寧に、長々と文章を作って送ってくるよね、ということから生まれた言葉です。 じゃあ一体どれ位を長いと感じるのでしょうか?

一般的に、かんたんな挨拶、話したい話題、感情や意見、それを元にした結論、おおよそ4センテンスぐらいでしょうか。

あの人に連絡を取りたい!好みのタイプだったから次また遊びたい!という気持ちはよく分かるのですが、最初の1通目は比較的短いセンテンスにしておいて、相手の様子、反応を伺うのが鉄則です。

考えてみてください。まだ30分足らずしかお話をしたことのない男性から長々とメッセージが来たら・・・結構気が重くなりませんか?躊躇してしまいがちです。あなたが相手のどストライクの男性であれば、話は別かもしれませんが、いずれにしても最初のアプローチはくれぐれもおじさんLINEにならないように気をつけてください。

話が盛り上がっていくともっと表現してもいいと思いますし、相手の方が比較的長いメッセージを作ってくれるようであれば、こちらも遠慮なく長めの文章を作ってもいいと思います。